THE SILK in Tango Kyoto Japan 丹後シルク

THE SILK > 丹後織物工業組合 団体概要
丹後織物工業組合 上空写真

丹後は絹織物産地として長い歴史と伝統を有し、奈良時代の『あしぎぬ』、室町時代の『小袖』、江戸時代には独自のシボを持つ『縮緬』の誕生、そして、明治・大正・昭和を経て、現在では和装から服地に至るまで「織と染の総合産地」として、不動の地位を占めるまでになりました。絹の産地として長年培われた職人の技術と経験は「精練加工」「染色加工」「整理加工」に活かされています。組合直営の加工場では、市場のニーズに対応した加工技術で服飾文化に貢献いたします。

組合の概要

名 称 丹後織物工業組合
所 在 地 京都府京丹後市大宮町河辺3188番地
電 話 TEL.0772-68-5211
FAX.0772-68-5300
E-mail info@tanko.or.jp
U R L https://www.tanko.or.jp
代 表 者 理事長 今井英之
設立年月日 昭和38年4月(創立年月日 大正10年9月)
組 合 員 679人(令和2年8月末現在)
組合の地区 宮津市・与謝郡・京丹後市・綾部市・福知山市・舞鶴市

組合の機関

本 部 京丹後市大宮町
加 工 場 京丹後市大宮町
沿 革 大正10年 丹後縮緬同業組合 創立
昭和24年 丹後織物工業協同組合 改組
昭和38年 丹後織物工業組合 改組

丹後産地組合の変遷

明治18年 丹後縮緬同業組合 設立(同業組合準則)
明治20年 丹後縮緬同業組合 解散
明治21年 丹後縮緬業組合 設立(京都府令第31号)
明治23年12月 丹後縮緬業組合 解散
明治25年 与謝郡、中郡、竹野郡、熊野郡の各郡に縮緬同業組合 結成(京都府令第46号)
明治26年 丹後縮緬業組合連合会 結成
明治28年 丹後縮緬業組合連合会 解散
明治31年 与謝郡、中郡、竹野郡、熊野郡の各郡に丹後縮緬同業組合 結成(重要輸出品同業組合法)
明治32年 丹後縮緬四郡同業組合連合会 結成
明治34年 丹後縮緬同業組合連合会へ組織変更(重要物産同業組合法)
大正10年 丹後縮緬同業組合連合会 解散
大正10年10月 丹後縮緬同業組合 設立
昭和6年11月 丹後縮緬工業組合 改組
昭和17年7月 丹後織物工業組合 名称変更
昭和19年3月 丹後織物統制組合 改組
昭和20年9月 丹後織物統制組合 解散
丹後織物協同施設組合 設立
昭和22年3月 丹後織物工業協同組合 改組(商工組合法)
昭和24年9月 丹後織物工業協同組合 改組(中小企業等協同組合法)
昭和29年10月 丹後輸出向絹人絹織物調整組合 設立(中小企業安定法)
昭和30年1月 丹後内地向絹人絹織物調整組合 設立(中小企業安定法)
昭和31年5月 丹後絹人絹織物調整組合 設立
昭和33年4月 丹後絹人絹織物工業組合 名称変更
昭和38年4月 丹後織物工業組合 改組(中小企業団体の組織に関する法律)
現在に至る