MENU

多様性の時代、世界へ向けて

 2005年から海外展開に挑戦する丹後の精鋭たち。その成果は、世界的なブランドが丹後の生地を活用する形で現れています。フランスのファッションショー「パリコレ」での出品作品や、ハリウッド映画の衣裳、音響ブランドによる高級スピーカーの装飾など、文化の違う他国の声を粘り強く聞き、製品に反映させることで、ヨーロッパの高級ブランドの製品に継続的に採用されている例もあります。
 丹後ちりめんの伝統を活かしつつも、新しい技法やデザインを取り入れたブランド「TANGO OPEN」を立ち上げ、和装にとどまらない、ライフスタイル全域への商品開発にも挑戦を続けています。
 丹後の織物技術はこの多様性の時代にも、世界に通用する技術です。それは夢の世界の話ではなく、いまこの世界で起こっている現在進行形の事実です。