MENU
2020年 丹後ちりめん創業300年 シーラ・クリフ 2020年 丹後ちりめん創業300年。次代へ、新たな挑戦。

丹後織物工業組合所蔵
昭和31年(1956年)
縫取訪問着×シーラ・クリフ

八丁撚糸機

伝統と革新。日本から世界への転機。

 2020年、丹後産地を代表する絹織物「丹後ちりめん」は創業300年を迎えました。
 1300年つづく絹織物産地「丹後」に、革命的な変化を与えた「丹後ちりめん」は、今から300年前の1720年に郷土人たちの手によって生み出され、丹後地域に”活気”と”富み”をもたらしました。
 伝統技法を護りつつ、職人たちの技術力、高度な加工技術により「ものづくり」の進化を続ける丹後産地は、丹後ちりめんをはじめ京都・西陣の生産基地としての機能も兼ね備えた、日本の和装文化を支える日本一の絹織物産地を形成しています。
さらに、職人たちの挑戦は和装分野にとどまらず、洋装、インテリア分野などへ拡がりを見せ、職人たちの技術、感性から創り出される多様性のある織物は、国内外の名だたるブランドからも高い評価を受けており、市場に新たな風を吹き込んでいます。
 糸を「撚る」こと、それを巧みに「織る」ことを可能にした職人たちの技術は、今もなお世界最高水準の技術として受け継がれ、新たな価値を創造する源泉となっています。
 丹後ちりめん創業300年は、伝統に裏打ちされたブランドをもとに、新時代の「はじまり」の年となります。
 次なる100年に向けて・・・。

Interview
着物研究家 シーラ・クリフ ✕ 丹後織物職人 WEB対談

シーラ・クリフ×江原産業

丹後織物の未来について語る #1

Information
最新のお知らせ